プロフィール      我が家の器      日記 

 

    00 お知らせ      ホーム

                     日記

玉ねぎピラフ

焼きたけのこ

原木しいたけ

豚肉の生姜焼き

野菜カレー

  日記のバックナンバーへ

2022年5月

玉ねぎピラフ

 ピラフには玉ねぎを香味野菜として入れますが、こちらは主役の具としての玉ねぎ。玉ねぎのみです。

たっぷり刻んで米と炒め合わせて炊き込んでいます。

新玉ねぎのシーズンなので、店舗によっては通常の玉ねぎが置いておらず、新玉ねぎのみ販売というところもチラホラ。

今回も新玉ねぎを使っていますが、辛味も抑え目で、水分が多く、食感もやわらかなので、炊き込むと姿が隠れて米と馴染みます。

炒めるときは、爽やかな印象の新玉ねぎとのバランスがよいオリーブオイル。

春先の新もの野菜はバターよりもオリーブオイルとあわせるのが好みです。

焼きたけのこ

 たけのこの’’えぐみ’’は春ならでは。

すべて取り除いてしまったら食材の風味がなくなってしまうほど、必要な部分です。

それに加えて、たけのこには適度な甘味もある。

すごく複雑な味わいだからこそ、主張が強い食材なのだと思います。

合わせるものも、たけのこに負けない同等の主張の食材でないと負けてしまって、使う意味がなくなってしまいます。

その点、木の芽は流石。

木の芽の香りと、たけのこのえぐみのバランスは抜群。

これぞ味の相乗効果ですね。

原木しいたけ

 しいたけは春にも旬があって、この時期ときどき原木しいたけをみかけます。

湿度が上がってくる前だから、ちょうどいい。湿度が高くなるとまた少し違った野菜を欲するから、うまくできています。

しいたけの軸はみじんぎりにして、にんにくと混ぜて炒めます。

傘の部分は存在感をもたせて、ざっくりと裂きます。

味つけは極シンプルに、しいたけの香り豊かなパスタができあがり。

豚肉の生姜焼き

 最近は作る頻度が減っていますが、ときどき食べたくなって作ると、やはり美味しいと思う豚の生姜焼き。

以前は豚肩ロースの薄切りで作ることが多かったけれど、今日は定番の生姜焼き用の肉を使いました。

まず、無調味の肉を焼いて火を通して、それから調味料を加えます。

みりんとしょうゆが豚肉の脂とほどよくなじみ、とろっとしてからんだら完成。

野菜カレー

 チキンストックのチカラは借りたけれど、具材は野菜のみ。

細かく刻んだ数種の野菜を小麦粉、カレーパウダーと炒め合わせて作ったカレーです。

野菜は “だし”になり得るような旨味が強く、煮崩れにくいものを使っています。とにかくたっぷり使って。

ドライカレーのように汁けは少なめに仕上げています。