プロフィール    我が家の器    日記    

Australia      お知らせ       ホーム

eoeiae

        日記

日記のバックナンバーへ

2019年4月

石の形の器

東京西麻布の『桃居』さんで開催中の漆展で購入したのは、赤木明登さん作『石の形の器』。質感や形が異なるものがたくさん並んでいて、かわいらしかった。わたしが選んだのは、側面を石で削りをかけてあるもの。質感が気に入り、その中からさらに好きな形のものを選びました。
焼き空豆のつまみが上手く収まって、嬉しい。

お弁当

鰆の照り焼きを主菜にしたお弁当。ひとつひとつは極シンプル調理のお弁当ですが、数種類を合わせると、もの足りないことなく程よく収まります。
先日、駅弁はいつも何を買っている?という話題になり、私は「天むす」に一票。「焼売弁当」、「定番の幕の内弁当」…。
昨今、華やかな駅弁を選ぶこともできますが、結局は皆、むかしながらのシンプルなものを選ぶのですね。

豆ご飯

御祝い事に炊くお赤飯ですが、特別おめでたいことがなくても炊くと、心持ちが上向きになるから不思議。
お弁当箱は、先日の赤色のものと色違いです。
輪島塗の塗師・赤木明登さんの二段弁当箱に、会津塗の技法である会津朱磨で加飾してあります。

pk1

春のかぶ 

秋のイメージが強い根菜も、春のものとなれば繊維が柔らかく、また違う味わいがあります。
東京は桜の花が終盤ですが、つづく葉桜の季節は清々しくて気持ちがいいもの。
今年は、桜の花の余韻に浸りながら葉桜を楽しみたい…。

pk04
pk16
pk02

豆ご飯

春のかぶ 

石の形の器

お弁当