プロフィール    我が家の器    日記    夫のお弁当

Australia      お知らせ    夫の晩酌   ホーム

eoeiae

        日記

日記のバックナンバーへ

2018年11月

鶏すき焼き

 鶏すき焼きを小鍋にして昼食。
慌ただしいときに、小鍋で調理してそのまま食卓にだして…、洗いものも少なくてすむからいいことづくし。

pk2

牡蠣カツ

 牡蠣フライとは少し趣を変えてつくりました。
実山椒は青い実山椒の出回りの頃に塩漬けにしたものを活用しています。
今季初の牡蠣となると、大抵は鍋が頭に浮かびますが、気温も高めということもあり、鍋ではなくお酒のつまみとなりました。
連休中は都内で。楽しみにしていたライブと、ふらり外飲みで充実した休日。

pk1

照り焼き

 魚の照り焼きは、香ばしく焼いたら、さらに黒酢を加えてさっぱりと仕上げています。こんにゃくはピリ辛。
お酒を飲まないひとにとってはご飯のおかずなのでしょうけれど、私はやはりお酒と。今日は家飲みですが、週末の外飲みはたのしかったな……

pk04

ゴボ天

 薩摩揚げの生地を多少アレンジして作ったゴボ天。
薩摩揚げもよかったけれど、生地でごぼうを巻き込むことで、ごぼうの香りが閉じ込められています。
揚げ油は、いい色がつくようにとごま油と合わせていて、魚の臭味も和らぎ、一石二鳥です。

pk08

名古屋コーチン

 昨今、名古屋コーチンを気に入っておりまして。ベーシックに塩焼きにすることが多くなりますが、スープや鍋にしても、肉の旨味が出汁と相まって絶品です。
皮が厚めなので、脂も多めに感じるのですが、何故か、嫌な感じのしない脂でして舌にまとわりつく感じは皆無。
すっきりとしていて、後味も良好。
毎回、名古屋コーチンの砂肝と一緒にモモ肉を買い求めます。

pk02

芝エビ

 つまみは芝エビ。
揚げるのならば頭ごとでいいよ。と、お魚やさんに言われたけれど、頭と尾の先は落としました。殻はつけたままで粉をはたいて揚げますが、色と音と泡で香ばしい揚げ上がりを見極め、すだちは必須です。
芝エビと一緒にビールが飲みたかったのだけれど、ビールの買い置きは無く、ちょうどタリスカーが届いたのでハイボール。
タリスカーは色々とありますが、気に入っているのは18年です。

pk14

焼き牛タン

 こちらは、日本酒と一緒に牛タン。
牛タンといえば、とろろということで自然薯です。
自然薯は他の山芋にくらべて粘りが強いので、出汁で、のばします。
今回は取り寄せたのですが、食べ慣れている自然薯よりもクセが少なく雑味が無い印象。粘りも弱め。
自然薯といっても、昨今栽培しているものも多いようで、土の香味が強く餅のような自然薯を食べ慣れている者としてはもの足りない気もしますが、
現代にはよく合っているような気もいたします。


 さて、11月に入りまして残すところ、ふた月。
ここ最近、夜の外出が多いのですが、いい立ち飲みやさんを見つけたと教えてもらいまして、ちょっと立ち寄るのが楽しみ。
そちら、オフィス街の真ん中のオフィスビル内にあるので、商業施設内に有りがちな立ち飲みやさんと違い、一息つきながら、ゆったりと平穏にお酒を楽しめます。

pk06

鶏すき焼き

牡蠣カツ

照り焼き

ゴボ天

名古屋コーチン

芝エビ

焼き牛タン