プロフィール    我が家の器    日記    夫のお弁当

Australia      お知らせ    夫の晩酌   ホーム

eoeiae

        日記

日記のバックナンバーへ

自家製はんぺん

牡蠣 

自然薯

蕎麦屋のだし巻き卵

ラムの焼き鍋

日本酒と干しぜんまい

日本酒のつまみ

日本酒と玉こんにゃく

2017年12月

pk02

日本酒と玉こんにゃく

 いつもは、板状のこんにゃくを八百屋さんで買っていますが、ときどき、山形の物産を扱っているお店で玉こんにゃくを買い求めます。
板状のこんにゃくの場合は、もっと簡易式に味をからめますが、玉こんにゃくのときは、火にかけては冷まし、また火にかけて冷ましてを繰り返し、白い玉こんにゃくに、じっくり味と色を染みこませます。
よく練って辛味を立たせた辛子を添えて。いつも通り、日本酒のおともです。

pk03

日本酒のつまみ

 外気はすっかり冬らしくなってきて、気持ちも忙しくなりがちですが、そのようなときは、日本酒で気分転換です。
つまみは華やか過ぎる味のものよりも、しみじみと美味しく感じるお料理のほうが日本酒と好相性。出汁を利かせた煮浸しが、本日の日本酒のお相手です。

お酒と干しぜんまい

 自宅からは少し距離のある、それでも度々訪れたいお蕎麦屋さんがありまして、そちらでいただく干しぜんまいのつまみを大変に気に入っております。ぜんまいは水煮もありますが、干しぜんまいは水煮のものとは味が格段に違います。食感も風味も抜群。
自宅でも作って食べたいと思ったものの、干しぜんまいは何処に売っているのだろうか……。
……目に留まっていないだけで、いつもの買い物先の陳列棚に、ごく普通に並んでありました。
連日、戻しては炊いて、日本酒と合わせます。
やはり相性抜群です。

pk1
pk01

ラムの焼き鍋

 寒くなってきました。週末は夫からのリクエストで、ラム肉を使った、わが家定番の鍋。
鍋はどちらかというと、さっぱりしたものが好みですが、こちらは例外です。
体をあたためてくれるラム肉は、寒い日には最適です。
さて、年末年始は寄席の予定もしっかり入れて。
お酒も夫が手配済みのようです。
あとはおせち料理の内容を新たに組み替えれば、年越しは準備万端。

pk2

蕎麦屋のだし巻き卵

 和食やさんではなくて、あくまでもお蕎麦屋さんのだし巻き卵の味、見た目を手本に作りました。作り方は一般的な卵焼きと大差はありません。
塩をキリッと利かせて、どっしりとした佇まい。
お蕎麦をいただく前の日本酒のつまみといったところの「お蕎麦屋さんのだし巻き卵」です。

pk06

自然薯

 師走は心身ともに少々疲れがでやすい頃、体に負担をかけずに、滋養にもなるのが自然薯です。
食べものは重要なもので、体調を気にかけながら、食べるものをちょっと意識しただけで、体が軽くなり心持ちがよくなります。
すりおろした自然薯は、素材の濃さも、粘りの強さも、まさにこれがエネルギーのもとという味わい。
お米はパラっと炊き上げて、自然薯をたっぷりとかければ、さらっといただけます。

pk07

牡蠣 

 牡蠣のシーズン真っ只中、三日に一度は牡蠣料理といってもいいほど、頻繁に食卓にあがります。あまり興味が沸かない年もあれば、今年のようなことになることもあって、気分の変化は不思議です。
牡蠣に限らず、昨年はあんなに好んでいたのに、今年はあまり作らないね、使わないねということがあります。
しかしながら、根本的な好みはそうそう変わるものではありません。結局、一巡してまた同じようなことに凝ったりしますが、以前よりも昇華したと自分なりに感じることもあって、なかなかおもしろいものです。

pk3

自家製はんぺん

 おつまみとして最適なものは多々ありまして、最小限の食材でつくる自家製のはんぺんもそのひとつです。
蒸し物がしっくりくる季節ということもあって、この日は、なつかしさも感じる自家製はんぺんを作りました。
流し箱ひと箱分できあがるはんぺんは、食べやすく切り分けて、山葵をおろして添えれば、立派なお酒のおつまみです。