プロフィール    我が家の器    日記    夫のお弁当

Australia      お知らせ    夫の晩酌   ホーム

eoeiae

        日記

日記のバックナンバーへ

酸辣湯麺

天ぷら

秋刀魚パスタ

秋刀魚の実山椒煮

きのこご飯

秋刀魚

コーンドッグ

2016年9月

pk02

コーンドッグ

 アメリカンドッグならぬ、コーンドッグです。
大人になってから、アメリカンドッグは食べたいものの選択肢になかなか挙がることもないもので、食べる機会も皆無といっていいほどです。記憶を辿ったその印象は、生地に甘さがあって、結構、油を吸ってますね...というもの。
一方、コーンドッグは、そもそもアメリカンドッグとは生地違いで、大人のスナックにもなり得るものだと。
生地の配合もビールにあうように、キリッとしたものに仕上げました。ふくらみ具合を少々懸念していましたが、そんな心配はよそに、油に入れると見る見るうちにふっくらきれいな姿です。
ソーセージはいつものドイツソーセージやさんで求め、太白油で揚げました。その仕上がりは、やはり軽い食味です。

pk04

秋刀魚

 今年は気温に波があった夏のように感じました。一日のなかに四季があると言われるメルボルンほどではありませんが、日中の気温の高さに比べ、朝晩は過ごしやすいことを例年よりも体感した今年の夏でした。
夏の名残を感じながらも、9月に入るとこれまで以上に料理意欲の沸く食材が並び始めます。挙げたらきりがありませんが、店頭で目にして興味をそそられた食材を順に調理しては、いただきたいと考えています。
秋の味覚のひとつでありながら、早々に店頭にお目見えしていた秋刀魚を、夏の気配を少しだけ残しながらのお料理に仕上げました。

pk1

きのこご飯

 きのこを使ったご飯は秋の定番ともいうべき一品。混ぜたり炊き込んだり、きのこで佃煮を作ったら炊きたてご飯にのせて...と、お米と相性の良いきのこです。
あと数ヶ月もすれば、贔屓にしているお米も新米に切り替わりますが、水分を多分に含むそれよりも、シーズンはざまの少々乾いたもののほうが炊き込みご飯には向いています。
室内の湿度計が50%をきった秋晴れの日、このご飯を作りました。スタンダードなきのこご飯とはひと味変えて作ったこちらは、炊きあがりを大きな鉢に盛りつけて、薬味をのせたらよく混ぜ混んでからいただきます。
お箸がすすみ、おかわり続きで、食欲の秋の到来を実感です。

pk03

秋刀魚の実山椒煮

 この頃秋刀魚が美味しくて、今回はスタンダードな煮付けにしました。ここ数日、一雨ごとに秋らしさが増してきたこともあって、つい先日いただいたばかりでもまた、秋刀魚がよいな...と思ってしまうほど、今年は一段と美味しく感じます。
香りづけは生姜でも良いですが、実山椒を使えば爽やかさが増して、味の染みた実山椒もまたご飯によくあう仕上がりになります。
塩焼きの秋刀魚からは、ここしばらく遠ざかっていて、何かしらのほかの料理にしていますが、秋刀魚が香ばしく焼けているときの香りを思い出しては、それにすだちをキュッと絞った王道の食べ方も、たまには良いかなと思うのです。

pk2

秋刀魚パスタ

 しつこいようですが....秋刀魚が本当に美味しくて、連日、秋刀魚を買いに出掛けています。
「いまが一番美味しい」というお魚屋さんの言葉にうなずきながら、本日も秋刀魚を買い求めました。
作ったお料理はパスタ。輸入が止まっていたお気に入りのパスタが輸入再開して、ペンネも入荷し始めたので、そちらを使ってのパスタです。
パスタを茹でているところを覗いた夫は、「ショートパスタならばフジッリがよかった...」と言っていましたが、入荷がなかったのですよ。
フジッリがどうのこうの言いながらも、秋刀魚が功を奏してか、嬉しそうに食べてくれていました。

pk3

天ぷら

 江戸前の天ぷらは濃いごま油ベースの油で、ごまの香りが漂い、色合いも焙煎したごまの色に揚がったものがお決まりといったところ。
それが日本各地、土地が変われば、淡い色の植物油で揚げたものが多く、素材の香りや色を強調させた仕上がりのものが主体になってきます。
いずれにせよ、その土地の素材の天ぷらが懐紙の上に置かれると気分は高まります。
わが家で天ぷらを揚げるときは太白油ですが、魚を揚げるときには、ときどき濃口の胡麻油を足すこともあります。
揚げものに限ったことではありませんが、素材を見ながら、その性質に合わせて油や調味料を変えていくのは、おもしろいものです。

pk01

酸辣湯麺

 疲れたときに飲みたいと思うスープは幾つもありますが、その中のひとつに「酸辣湯」があります。その名の通り、酸味と辛味を効かせたスープです。
そのスープに中華麺を加えたのが酸辣湯麺。こちらは、ナポリタンのような日本特有のお料理だと思われます。
黒酢を使うことに加えてとろみも加わるので、寒い日はもちろん、肌寒いかと思えば湿度が高い日など、気候によっても疲れやすくなる季節の変わり目にも最適です。