プロフィール    我が家の器    日記    夫のお弁当

Australia      お知らせ    夫の晩酌   ホーム

eoeiae

        日記

日記のバックナンバーへ

あさりの酒蒸し

 晩酌の一品は、いつもと違うあさりの酒蒸しをつくりました。蒸す為のお酒や貝の種類を違うものにすれば、幾通りもの貝の酒蒸しができて、おもしろいものです。
旨味の強い貝類はシンプルな料理に適していますが、旨味が強いがうえに、食べ続けると飽きてくるというばあいもあります。
この酒蒸しは、一般的な酒蒸しよりも、さらに貝を美味しく食べるための少しばかりの工夫をしました。
早くもすっかり夏の陽気かと思えば、肌寒い雨の日...と、季節の変わり目らしく不安定な気候ですが、貝につづき、アジやイワシ、カマス、カツオ…と、魚料理がたのしい季節の始まりです。

pk2

ホタルイカ

 春の味覚、ホタルイカです。魚屋さんで見かけたので、お酒にあわせた料理を作りました。
今年は気温が高くなるのが早いからか、すっかり夏の気分で、ホタルイカシーズンは終わった気になっていましたが、まだ5月。ちょうど旬でした。
ホタルイカのような小さなイカはバルセロナでも食べられていて、見た目は日本でみるものと変わりはないのですが、そもそもクセがない種類なのか、さらに小ぶりで内蔵の部分が少ないからか苦味を感じませんでした。
外国へ行く目的のひとつとして美味しい料理を食べることなので、その国でポピュラーな食材を下調べして出掛けると、それがきっかけとなって、楽しみが広がります。

pk02

豆ご飯

 そら豆が出回りの頃ですが、その前に、えんどう豆の炊き込みご飯です。
通常、炊き込みご飯を献立に組み入れるときには、他のお料理の塩加減、味加減を考慮して、味つけは少々控えめに、献立全体をあわせたときに程よい塩加減に収まるようにしています。
この豆ご飯の場合は、何かのお料理と共にというより、豆ご飯が主役です。だから昆布と塩をきかせて、米と豆の甘味が充分に引き立つように仕上げました。
豆の量は幾らか多めに、豆を存分に味わったと思えるような割合にして、豆の香り立つ炊き込みご飯です。

pk05

チキンのスープ蒸し

 早くも夏日の蒸し暑さだったここ数日間、さすがに蒸しもののシーズンは終了と思っていましたが、その蒸し暑さから少々解放された日、久々に蒸籠を使いました。
前日にチキンの出汁を多めにとったこともあって、その出汁を使って蒸し上げました。季節外れの蒸しものでしたが、肌寒い気候が功を奏してなかなか新鮮に感じました。
しかし思えば、高温多湿のシンガポールでは、クーラーも無いホーカーで豚饅頭をそこかしこと蒸かしては売っていて、その景色に食欲をそそられては、地元のひとに混ざって並んで買っています。...旅先での食生活は郷に従い、そして楽しみます。

pk1

ビーフステーキのサンドイッチ

 パプリカといったら、大きなピーマンというイメージの方も多いかもしれませんが、スペインのスパイスであるパプリカパウダーを思い浮かべる方も少なく無いはずです。以前、世界一の美食の街と謳われるスペインバスク、サンセバスティアンに滞在して、評判のレストランやバルへ訪れた際は、パプリカパウダーの印象はありませんでしたが、今回のバルセロナでは、パプリカパウダーを使った郷土料理も味わうことができました。
パプリカパウダーは香味が強いから、臭味消しとしても有効なのでしょう。そう感じる食材との組み合わせも多く、スパイスづかいに納得です。
いままでとはちょっと違ったパプリカパウダーづかいを、今年は色々と楽しみたいと思いながら、さっそく作ったのはサンドイッチです。

pk03
pk04

魚のココナッツソース

 気温が上昇してくると、さらにスパイシーなものを求めるようになります。以前、なにげ無しに作ったこちらの料理、魚のココナッツソースを改めて作ってみました。
酸味もきかせたココナッツのソースと魚をからめた、ご飯とよくあうお料理です。インディカ米との相性はもちろんですが、かために炊きあげた日本のうるち米ともバランスよく、かえってこちらのほうが、ご飯とからみやすい濃度に仕上がっています。
香菜などのハーブとも相性もよいこのソース。ひさびさに再開した屋上菜園では、香菜も育成中。以前育てたときの生育ぶりを思い出すに、この夏は香菜づかいが過熱しそうです。

バルセロナ

 ゴールデンウィークはバルセロナに滞在していました。初夏の過ごしやすい気候に加え、滞在のホテルも都心の立地ながら静かで、中庭の新緑が気持ちの良い、素敵なところでした。
午前は散歩がてら、ガウディの建築、ピカソやミロ、カタルーニャの美術館、世界遺産の音楽堂でのフラメンコ...と、日替わりで、ゆっくり時間をかけて鑑賞することができました。
にぎやかなバルでのカタルーニャならではの料理、最先端を行くレストラン、それから開店1時間前から地元スペイン人が行列を作るラーメンやさんにも並びました。早朝はひともまばらで爽やか、夜の街並は光がやわらかで、早朝から夜遅くまで、刺激的ながら穏やかな休日を過ごせて、また訪れたい街になりました。

IMG2393

2016年5月

あさりの酒蒸し

ホタルイカ

豆ご飯

チキンのスープ蒸し

ビーフステーキのサンドイッチ

魚のココナッツソース

バルセロナ