プロフィール    我が家の器    日記    夫のお弁当

Australia      お知らせ    夫の晩酌   ホーム

eoeiae

        日記

日記のバックナンバーへ

焼きビーフン

なすのあえもの

焼き肉重

干しなつめ

サンドイッチ

ラム肉ダンゴ

2014年6月

ラム肉ダンゴ

 私も夫もラム肉は味覚と体質にあっているので、よく使う食材です。ラム肉には深みのある香りがあって美味。食後感よいし、疲れもとれる印象。今回はモモ肉使用で、よくこねています。赤ワインと。

IMG0299
IMG0298

サンドイッチ

 調理した三種類の野菜を主体にしたサンドイッチ。切っただけの野菜やチーズをはさんだものもストレートでよいですが、軽く調理した野菜を組み入れたもののほうがパンとのなじみがよく、喜ばれます。複数の具をはさむときには粘着力のある食材とそうでないものを交互に挟むと、くずれることなく上手に仕上げることができます。

干しなつめ

 日頃から干した果実をつまんでいることに気づいていたのか、「お茶請けに良いと思って」と、夫が買ってきてくれた干しなつめ。香港のお茶と好相性。このところお茶請けにしていたデーツが、ちょっと甘味が強すぎると思っていたところ。干しなつめは爽やかな甘味で後口よく、ミネラルも豊富とのことで、蒸し暑い夏にも最適。そのままつまむことが日常ですが、今回は冷菓に使いました。

IMG0300

焼き肉重

 焼き肉重にするとき、いつでも香ばしく焼いているわけではなくて、脂の具合によって、香ばしくしたり、さっと焼いたりと焼き方を変えます。そして、たれの醤油と甘味の配合も少し変えます。部位によって脂の入り方がかなり異なりますし、味も変わるので、調理法と調味を工夫してバランス良く仕上げます。

IMG0303
IMG0306

なすのあえもの

 例年、我が家でなすのお料理が頻繁に食卓にあがるのは、真夏から初秋の気がしていますが、今年は暑さが早くおとずれているからか、なすの調理回数が非常に多い。気候の変化で、いままでよかったと思うとろっとした食感が、この蒸し暑さでは重く感じてしまうこともあって、今夏は、軽い食感にこだわって仕上げるようになりました。

IMG0317

焼きビーフン

 夏のあいだ、頻繁に調理するビーフン。昼食にはスパイスで味付けしたいわゆるシンガポールビーフンにしましたが、「シンガポールにシンガポールビーフンはないよね?」という話しに。いわれてみれば、麺に関してはかなりの種類があるシンガポールですが、シンガポールビーフンという料理は見たことも聞いたこともない...。気にしていないからなのかとも思ったけれど、版元がシンガポールのホーカーフードガイドにも載っていないし、イメージで作られたものなのかしら。しかしカレー風味がなぜシンガポールなのか、謎。