プロフィール    我が家の器    日記    夫のお弁当

Australia      お知らせ    夫の晩酌   ホーム

eoeiae

        日記

日記のバックナンバーへ

ココナッツ

ドーナツ 

フェンネルとポーク

揚げパン

ボール

サラダ

スープとクルトン

ターメリック

クラッカー

ソーセージ

ちらし寿司

2014年3月

ちらし寿司

 春はじめのちらし寿司は、ひとり前ずつ詰めて彩ります。彩る具材はそれぞれに下ごしらえをしますが、お寿司用の錦糸卵はなるべく焦げ目がつかないように仕上げます。そして、肝心の酢飯は、昆布を一切れ加えてかために炊きあげますが、浸水は怠らないように。合わせ酢は米酢、塩、砂糖を混ぜ合わせればできますから、お好みでオリジナルをどうぞ。

IMG9236

ソーセージ

  ミートローフスタイルのソーセージ。テリーヌよりも食味や食後感は軽いものが良いなと思って、ソーセージのような、またはハムのような味わいをイメージして作りました。スパイスは数種類を組み合わせて、エキゾチックに。まずは数枚を少々厚めに切って、ロメインレタスと一緒にいただきます。

IMG9240

クラッカー

 クラッカーのようなちょっとお腹がすいたときに摂るスナック、つまり、軽食を作ることがあります。スナックタイムなので、ハーブティーと一緒につまむことがほとんどですが、風味は、お酒にもあいそうなものばかり。

IMG9244
IMG9257

ターメリック

 幾度となく作っているターメリックを使ったソースですが、これまでのレシピはストレート。今回は、奥ゆきのある味わいを目指して仕上げました。食味はスパイシーで、クリーム感はサラッと控えめ。そのソースにお魚をあわせたら、お米と好相性なお料理ができあがりました。

IMG9265

スープとクルトン

 我が家での通称はデトックススープ。フレッシュな香り野菜をたっぷり使っています。このスープにはクルトンを浸します。ちいさなプーリのような見た目ですが、スナック生地をアレンジして作ったもの。スープにコクが加わります。

IMG9275

サラダ

 季節の変わり目は調理法も切り替わり。気温が低い季節は、野菜を蒸したり茹でたりと、加熱してしっとり仕上げることが多いですが、気温の上昇とともに、みずみずしい野菜サラダが食卓に並ぶ日が増えてきます。冬の間、生野菜から遠ざかっていたからか、フレッシュな野菜を口にしたとき、その野菜が含む水分に、とても敏感なことに気づきます。

ボール

 スナックの生地を変化させて一口サイズの揚げ菓子に。外側はわりとしっかりした歯ごたえ、中側はしっとり仕上がった。「ついつい、つまんでしまい、止まらなくなるのが揚げ菓子。」そんなことを思いながらお茶を淹れていたら、夫が8割を食べてしまっていた。予想どおりだったけれど、私の食べ過ぎの心配は無用になった。

IMG9246

揚げパン

 どことなく懐かしさを感じるこのお料理は、揚げ上がりの香りが何とも言えず良いもの。揚げものは、熱の入り具合を見極めるときに、食材からでていく気泡や浮き沈み、色合い...といったさまざまな変化を気にします。そして香りも。

IMG9252

フェンネルとポーク

 お肉屋さんでバラの部位を3ミリほどにスライスしてもらい、グリルパンで脂をほどよく落としながら焼きます。フェンネルは根の部分をたっぷりスライス。フェンネルはラム肉と相性がよいけれど、豚バラ肉とも好相性。脂がさっぱりとします。これに付け合わせた酢漬けもまた、無くてはならない存在でした。

IMG9280

ドーナツ 

 甘いものが無くては!という性質ではないので、自宅で甘味を作る時は、一口二口程度の量を。粉の配合で単調な味にならず、香港のお茶とも相性がよかった。揚げる油はお料理のときと同様、太白油。食味はもちろんのこと、揚げているときの空間の香りも重くならず、良いです。

IMG9276
IMG9287

ココナッツ

 ここ最近、良く作るココナッツ味のお料理。年末年始、夏のオーストラリアで過ごすと、冬の日本に戻ってからも、身体が冷えることなく気分も体調も上向き。冬なのに夏気分が抜けず。さすがに、季節の食材は無視できないけれど、無国籍な調理法が一段と増える。気候と心身、食べ物の関係性は興味深い。