プロフィール    我が家の器    日記    夫のお弁当

Australia      お知らせ    夫の晩酌   ホーム

eoeiae

        日記

日記のバックナンバーへ

チャーシウあえ麺 

香港式

今年のチャーシウ

チップス

ポークリブ

香り

チキンレバーパルフェ

昼下がりのツマミ

2014年1月

IMG9087

昼下がりのツマミ

 ナッツは特別興味がないという夫ですが、このナッツはつまむので、ナッツ好きな私はこちらを作ります。温かさが残っているくらいが好みなので食べきれる分量だけ。作り置きはナシ。

IMG9121

チキンレバーパルフェ

 モダンオーストラリアンのレバーパルフェは軽やかな食味が新鮮。その感覚を忘れないうちに作りました。ちなみに、オーストラリアは良質な食材が豊富だからか、嗜好なのか、料理の味つけは基本的に軽くてキレがよい。だから当然、食後感もよい。

香り

 どこをとっても香り高いフェンネル。根元の白い部分、少々筋張った茎、そしてフワフワな葉それぞれ特徴を見極めて、使い分けると新たな発見もあってなかなかたのしい食材。香りの強い食材をお料理に組み合わせると、塩気はさほど必要なく、スッキリといただけます。

IMG9138
IMG9134

ポークリブ

 味を染みこませてからオーブンで焼いたり、火を通しながら煮込んだりと、とにかく味を染みこませて仕上げることが多いポークリブ。それでも調味料に負けずに、素材の味を感じられるところが骨付き肉のよいところ。

チップス

 つい、作ってしまうこちらのチップス。ナッツ同様、昼間のツマミに最適。食事とお酒というよりは、ちょっとつまみながら飲もうかしらというお酒重視のときに。夕方、お料理ができあがるまでの間、軽く飲むときにも。

IMG9144
IMG9152

今年のチャーシウ

 気分で、何年かごとにレシピを変えていますが、今年も変えてみました。
ここ数年はご飯がすすむ日本の焼き豚という感じのもの。今回は香港の調味料を加えてエキゾチックな味。

香港式

 チャーシウを作ったら必ず作るのが香港スタイルのクラブハウスサンド。香港ローカルの喫茶店のメニューは独特で、言うなればフュージョン。思考の柔軟性に惹かれます。

IMG9154
IMG9160

チャーシウあえ麺 

 今度は麺とあわせて。新たなチャーシウレシピは芳醇な調味料を使っていますが、麺自体の存在が強いからかバランスのよい仕上がりに。三度、違う味わいを楽しめて、有意義なチャーシウ使いとなりました。